【初心者向け】超訳 Amazon S3 Glacier

AWS修行中

スポンサーリンク

Amazon S3 Glacierはデータのアーカイブや長期間のバックアップを行うための
安全性とコスト効率を提供するクラウドストレージサービスです。

利用用途はデータアーカイブや長期バックアップであることより、
S3の中でも最も安価に利用することができるストレージクラスとなります。

  S3ってなに?って方はこちら

|耐久性や可用性
もちろん、耐久性や可用性はS3同様です。

耐久性:99.999999999%(イレブンナイン)
可用性:99.99%
アベイラビリティゾーン:3以上

GracierもS3のストレージクラスになるため、
S3のライフサイクルポリシーにて〇〇日経過したオブジェクトを
自動的にGracierに移すといったことが可能です。

|データの復元
Amazon S3 GlacierはそのなのとおりGlacier(氷河)です。
利用シーンがデータアーカイブや長期バックアップであることより、

通量、データを復元するには多くの時間を要します。
 →氷河にがちがちに凍り固まったデータを取り出すイメージ

従って、頻繁にデータを取り出すケースには不向きです。

もうこのデータを使うことはないが、念のため取っておくか
くらいのデータに利用します。

とはいえ、いざデータを復元したいときにすぐに取り出せないと
困るといったケースもありますので、そこはAmazonさんもちゃんと考えていて、
復元リクエスト時には3つの選択肢があります。

|迅速取り出し
データアクセス時間は『1~5分』です。

すぐ取り出せるならこれで良いのではと思いがちですが、
迅速取り出しは非常にコストがかかります。

データ取出料金:0.033USD/GB
取出リクエスト:リクエスト1000件ごとに11USD
プロビジョニングされた迅速な取出:110USD
 →あらかじめ取り出すリソース量を購入しておく方法

|標準取り出し
データアクセス時間は『3~5時間』です。

容量が小さいものなら大丈夫と思いがちですが、
数KBのデータでもきっちりこの時間がかかります。。

データ取出料金:0.011USD/GB
取出リクエスト:リクエスト1000件ごとに0.0571USD

|大容量取り出し
データアクセス時間は『5~12時間』です。

もっとも安価な取り出し方法になります。
取り出しに時間がかかっても構わないが、
大量のデータを取り出す必要があるケースに利用します。

データ取出料金:0.00275USD/GB
取出リクエスト:リクエスト1000件ごとに0.0275USD

|まとめ
・Amazon S3 Glacierはデータのアーカイブや長期間のバックアップを行うためのもの。
・頻繁に取り出す可能性のあるデータは格納しない。
・万が一取り出す必要があった場合は、3つの復元リクエストから最適な方法を選択する。

Amazon S3 GlacierもAWSの基本ですので、
初心者といえど上記キーワードは抑えておきましょう。

スポンサーリンク

Posted by ゴロー